スルガ銀行の問題点

スルガ銀行の問題点

このトラブルの元は、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ社の経営が苦しくなったことが原因です。 スマートデイズ社はシェアハウスを新築して不動産投資家に売っていたが、投資家には超ロングの家賃支払いを保証していました。

投資家を見ると普通のサラリーマンがほとんどで、新築資金の多くをスルガ銀行が貸していました。 スマートデイズ社は、利回りが期待できないアパートも売っていた可能性が高く、仲介業者が、スルガ銀行の審査を通すために、書類の改ざんなどを行っていた疑いが持たれている。

上記の問題が発覚した時は、スルガ銀行はだまされた側だったのですが、トラブルが大きくなるにつれて、書類の改ざんにスルガ銀行の社員も関係していた事がわかりました。 現在、調査中です。

スルガ銀行の行員が書類の改ざんにどのレベルまで関係していたのかについては調査結果を待っています。 なぜスルガ銀行がリスクの高い不動産投資にポディティブに貸してきたのか疑問に思った方も多いのではないだろうか。

スルガ銀行の社員が不動産会社から不当な利益をもらっている可能性が高い。 それにしても銀行はお金のプロである。 真面目な行員が「この案件はリスキー」だと感じているはずです。 組織として不正を防止するシステムができていなかった可能性が高い。

不動産投資

Copyright (C) 2007-2018 サブリースを利用した不動産投資 All Rights Reserved.